「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項

 

拭き掃除には、有効塩素濃度80ppm以上のものを使いましょう

  1. 汚れをあらかじめ落としておく
  2. 十分な量の次亜塩素酸水で表面をヒタヒタに濡らす
  3. 少し時間をおき(20秒以上)、きれいな布やペーパーで拭き取る

流水で掛け流す場合、有効塩素濃度35ppm以上のものを使いましょう

  1. 汚れをあらかじめ落としておく
  2. 次亜塩素酸水の流水で、消毒したいモノに20秒以上掛け流す
  3. 表面に残らないよう、きれいな布やペーパーで拭き取る

詳細は下記PDF資料より

20200626013-4のサムネイル

 

理容師の皆様に~コロナ対応の手引き

2020.7.28

県下組合加盟店のみなさまへ  理事長 坂野隆人

平素は、組合運営に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、県下でも新型コロナウィルス第2波到来と思しき状況になり、世の緊張感がかなり増していることはよくご存知とは思います。

あらためて気を引き締め、これまで対応してきた現状さえ見直しながら「できることを・できる限り」行ってまいりましょう。


 

まずは従前からの厚労省通知「理容所及び美容所における衛生管理要項について」を遵守しましょう。以下は、そのうえで現在さらに必要なことです。

 

全般

・対人距離の確保、入店者の健康状態と数の管理
・消毒薬の設置、手洗いうがい励行 マスク等の着用
・換気~2方の窓を毎時2回以上開ける
・接触部位の清拭消毒(次亜塩素酸ナトリウム)
・共有物品を減らす
・雑誌等は提供しない 閲覧用タブレット等は顧客毎に消毒

 

来店制限・待合室

・感染疑いのあるかたの入店不可
・密にならない工夫(予約調整など)
・顧客名簿(カルテ)などを3週以上管理
・待合室は使わないまたは間隔を確保

 

施術中

・椅子間隔を広くとる
・マスク着用 必要に応じゴーグル・フェイスガード・手袋

 

トイレ(リスク高)

・多く触れる箇所は定期的に清拭
・ふたを閉めてから流す(顧客にも告知)
・石鹸と流水による手洗い
・ハンドドライヤー中止 タオル共有禁止 ペーパータオル可

 

ごみの廃棄

・鼻水や唾液のついたごみはビニール袋に入れ密閉して廃棄
・回収時はマスク・手袋を装着

 

従業員

・始業前には検温すること
・休憩中は対面での飲食禁止
・以下の場合は出勤せず、開設者・管理理容師経由で保健センターに連絡
コロナウィルス感染症と診断された場合
感染症状がある場合 発熱・風邪症状がある場合
入国後要観察の国・地域への渡航・在住者との接触がある場合
患者と接触し保健センターから自宅待機を要請された

※詳しくは全理連「理容業における新型コロナウィルス感染拡大予防ガイドライン」をあらためてご確認ください。以上はそこからの要約として記しました。

 

大規模感染リスクを低減するための補助金事業について

令和2年4月7日に、政府より緊急経済対策として、コロナウイルスの大規模感染リスクを低減するための補助金事業が発表されました。
換気を促進し、密閉空間を避けるための高機能換気設備導入に掛かる費用を補助する内容となります。
省CO2空調機と換気設備との併用ができ、老朽化した空調機の更新において有益な補助金です。
≪詳しくはこちら≫

 

 

5月7日以降の組合加盟店について

令和2年5月6日

(当時お客様に対して記したものです)

愛知県理容生活衛生同業組合

非常事態宣言が延長したいまも理容業は、新型コロナウィルスに対する自治体の「休業要請」はありません。生活に必需であることが理由です。

5月7日からは、休業していた多くの店舗で営業再開を予定しています。

もちろん以降につきましても、店舗の衛生につきましては、加盟理容店はみな環境衛生業のフロントラインとしてのプライドを賭けて今後も留意してゆくことでしょう。

とともに、発熱者の入店不可・間隔確保のための入店制限・技術の限定など、お客様には今後も各店の対応でご協力いただくこともございます。どうかご理解ください。

いま、何ができるか。
できる限りのことを。
組合加盟店の理容師は
みな、真摯に考えています。
今後ともよろしくお願い致します

   愛知県理容生活衛生同業組合

 

 

厚生労働省・経済産業省・日本政策金融公庫の新型コロナウィルス関連支援策について

組合員各位

愛知県理容生活衛生同業組合
理事長 坂野隆人

厚生労働省・経済産業省・日本政策金融公庫の新型コロナウィルス関連支援策について

 

平素より組合事業につきましてご配慮を賜り心より御礼申し上げます。

さて、新型コロナウィルス関連支援策等について関係機関から通達がございました。

先ず、厚生労働省からは、「新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえ雇用調整助成金の特例の拡充について」「雇用調整助成金の申請書類の簡素化について」、経済産業省からは、「持続化給付金に関するお知らせ」「新型コロナウィルス関連支援策」、日本政策金融公庫からは、「貸付利率の改正について」以上、詳細は各ホームページに掲載されていますので支部組合員の方々に御周知をお願い致します。

厚生労働省

経済産業省

日本政策金融公庫

厚生労働省・経済産業省・日本政策金融公庫の新型コロナウィルス関連支援策について(pdfファイル)